好きが集まったら楽しくて幸せ

日焼けによるシミ対策!実は正しくできている人は少ない!紫外線が肌にもたらす影響知っていますか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは彩寧です。

あなたは、日焼け対策きちんとできていますか?

 

シミとは無縁と思っていたアラサー女性でも最近顔の小さなシミが気になりだしたなんて人多いと思います。
私もその一人!

 

シミはできる前の対策が重要です!

 

この記事では、紫外線が肌に与える影響と対策方法を案内しています。

 

こんなお悩みの人にオススメの記事です
紫外線って肌にどんな影響を与えているの?
最近顔のシミが気になり始めてきた。
日焼けによって出来てしまうシミの対策を知りたい。

 

できはじめのシミは、スキンケアも効果的なのでお肌の状態に合わせて早めにケアをしていきましょう!

彩寧

紫外線が肌に与える影響

お肌の老化の原因の80%は紫外線によるものだという事実を知っていましたか?

 

加齢が原因によるものはたったの20%なんです!

 

びっくりですよね!

 

紫外線対策を怠ると、お肌の老化が早まるなんて怖い!

 

でも逆にいうと、紫外線対策をしっかり行うと誰でも美肌を作ることができるということですね。

 

紫外線はシミだけでなく、肌の乾燥やしわたるみの原因にもなるのできちんと対策・ケアしていきたいですね。

 

シミにも種類がありますが、紫外線の影響によってできるものの一つに【老人性色素斑(日光性黒子)】というものがあります。

 

老人性色素斑は、紫外線の影響や肌の老化によってメラニンが蓄積することによってできます。

 

シミの中でも最も多いタイプですね!

彩寧

シミができるメカニズム

ちょっと専門的で難しい言葉も出てきますが、どうやってシミができるのかを説明します。

 

人の皮膚は上の図のように、表皮と真皮からなり表皮の中でもさらに4つの層に分かれています。
実際にはもっと複雑です)

 

表皮の中の基底層というところを見てみると、そこにメラノサイト(シミをつくる工場)があります。

 

この、メラノサイト内にはメラノソームという袋がありその中でメラニン(シミのもと)が作られます。

 

メラニンは皮膚のターンオーバーに合わせて排出されますが、排出しきれずに残るとシミになってしまいます。

 

そもそも、なんでメラニンが作られるの?

彩寧

 

肌が紫外線を浴びると皮膚の中では炎症が起き、メラニン生成の原因となる酵素チロシナーゼが増えます。

紫外線からお肌を守ろうとしてメラノサイト内でメラニンがつくられるというわです!

 

シミの元となるメラニンは、実は紫外線から肌を守ろうとしているんですね!でもお肌に残ってしまうと厄介なのでケアが必要ってことですね!

彩寧

 

日焼けによるシミ対策

お肌の老化の80%は紫外線の影響によるものなので、シミを作らないために日焼け対策をしたり、スキンケアに美白アイテムを使いながら、効果的にシミを予防していきましょう。

 

日焼け止めを正しく使うポイント

今や常識ともいえる日焼け止めですが、使い方ひとつで効果が大きく変わってしまいます。

 

あなたの塗り方では、本来の日焼け止めの効果が期待できない可能性があります。

 

日焼け止めは、その効果を最大限に高める塗り方が環境省より発表されているので参考にしていきましょう!

 

【顔】に塗る場合

二度塗りが基本!

1円玉大を手に取り、額・鼻・両ほほ・あごに分けておきます。

指を使って全体に広げます。

もう一度繰り返します。

これで必要な分量をムラなく塗ることができます。

彩寧

時間がないからと一度に同じ量を塗ろうとするとムラになるだけでなく、化粧ノリも悪く崩れやすくなるので
必ず二度塗りしましょう!

 

 【体】に塗る場合

容器から直接が基本!

腕や脚に塗る場合は、日焼け止めを容器から直接塗りたいところに置きましょう。

指全体でらせんを描くように塗り広げると、塗りムラを防ぐことができます。

基本的に、一番初めに置いたところにしっかり着くので、直接がポイントです!

 

日焼け止めは、汗や皮脂などで取れたり、こすれなどで落ちてしまうので2〜3時間に一度は塗り直しましょう!ここまでできていない人が多いですよね!)

 

でもメイクをしている顔は、塗り直しが難しよね。

彩寧

 

塗り直しが難しい顔には、紫外線をはね返す散乱剤のはいった日焼け止めがオススメですが、それだけでは完璧な対策にはなりません。

オススメ! 【顔】日焼け対策(シミ予防)

 

 日焼け止め + UV効果のあるファンデーション

 紫外線効果ありのBBクリーム + フェイスパウダー

 

粉状のファンデーションやフェイスパウダーが特にオススメ!

 

パウダーには粉状の紫外線散乱剤が配合されているものがほとんどで、光をしっかりとはね返してくれます。

彩寧

 

完璧な紫外線対策は難しいかもしれないけど、効果はかなり高まります!

 

アウトドアなどで、長時間外にいる日には日焼け止め+うえの両方のタイプの重ね付けで強い紫外線も怖くありません。

 

ここでも、こまめなメイク直しは必須です!

 

粉のファンデーションやフェイスパウダーだけでも持ち歩くといいですね。

美白化粧品

メラノサイトの働きを抑えることで、シミをできにくくしているのが美白化粧品です。

 

美白化粧品のほとんどは肌を白くするわけではなく、肌が黒くなろうとする原因であるメラニンを生成する酵素(チロシナーゼ)を阻害する成分が多いものなので、一年中使うことが大切なんです。

 

美白化粧品は夏だけ使っていたって人は注意! 実は一年中使うからこそ効果が期待できるアイテムなんです!

 

シミはできてしまう前に美白化粧品で予防することが大切です。

 

シミを作らないためには、紫外線を避け、UVケア商品を正しく使う。

 

ごく初期の薄いシミは美白化粧品でケアしていけばOKです。

 

※定着した濃いシミは消えないのでレーザー治療などが必要になる場合もあります。専門家に相談しましょう!

 

先日、でき始めのシミが気になることを、かかりつけの皮膚科の先生に相談したところ、初期のものであれば成分の少ない美白化粧品を使うことを勧められました。

効果が高いものはそれだけ肌への負担も大きくなるので、肌状態に合わせて美白化粧品も選んでいくことが大切ですね!

彩寧

 

シミにも種類があり、全てが美白化粧品で解決するわけではないので注意しましょう。

まとめ

日焼けによるシミ対策と紫外線が肌へもたらす影響をについて説明しました。

 

お肌の老化の原因の80%は紫外線!

 

紫外線はシミをつくりだすだけではなく、肌を乾燥させしわ・たるなどあらゆる肌トラブルを起こす原因になるのでしっかり対策していきましょう。

 

日焼け止めを塗るポイント

【顔】二度塗りが基本

【体】直接が基本

 

美白化粧品

1年中使うことが大切。

シミは作らないための対策が重要!

 

シミができる仕組みをしって、正しい日焼けの使い方を知り、1年を通して美白対策をしていくことで3年後・5年後・10年後のお肌のダメージを最小限に減らして欲しいと思いながらこの記事を書きました。

 

万全に紫外線対策をするために、次の3つも是非取り入れて見てください。

 

帽子をかぶる
日傘をさす
サングラスをつける

 

80歳のなっても綺麗なお肌を目指していきましょう。
小さなことの積み重ねですね!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 美のセレクトショップ , 2018 All Rights Reserved.