好きが集まったら楽しくて幸せ

正しいクレンジングの選び方が分かるとワンランク上の美肌が手に入る!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

あなたは今どんなクレンジングを使っていますか?

  • なんとなく自分の肌質に合っているものを選んでいる
  • 使用感や香りが好きで選んでいる
  • 特にこれといって決めてない

 

クレンジング一つでも、高級なものからプチプラなものまでたくさんの種類があります。

どれを選べばいいのか…正直、迷っちゃいますよね。

クレンジングはメイクを落とすために使用しますが、正しく選んで正しく使えばワンランク上の美肌を手に入れることができます。

これからお伝えするクレンジングの種類と選び方・使い方についてしっかり理解してくださいね!

 

『今までクレンジングについて真剣に考えたことなかったあなたも、この記事を読むとクレンジング博士になれますよ!』

 

クレンジングの種類

クレンジングの役割は肌を清潔にすることです。

洗顔では落としきれないメイク汚れをお落としていくわけですが、いくつか種類があるので目的に合わせて使い分けるのがコツです!

 

クレンジングの種類とクレンジング力

クレンジングは6種類に分けられます。

  • オイル
  • ジェル(油系)
  • ジェル(水系)
  • ミルク
  • クリーム
  • シート

どの種類も聞いたことがあると思います。

それぞれの特徴についてお伝えしますね。

 

オイル

クレンジング力が強いのが特徴です。

しっかりメイクの時にはオイルクレンジングを使うのがおすすめです。

アテニアのクレンズオイルが代表的ですね。

 

ジェル(油系)

クレンジング力はオイルの次に高いのが油系のジェルクレンジングです。

 

ジェル(水系)

クレンジング力は弱く、洗い上がりがさっぱりするのが特徴です。

 

ミルク

水系ジェル同様、クレンジング力は弱く、洗い上がりはさっぱりしています。

 

クリーム

クレンジング力は普通です。

 

シートタイプ

クレンジング力は弱いです。

手軽に利用できますが、シートと肌の摩擦によるダメージに注意が必要です。

 

【重要!】クレンジングはベースメイクに合わせて選ぼう

あなたは、アイメイクが落ちるかどうかでクレンジングを選んでいませんか?

実はこれ、クレンジングの間違った選び方なんです!

素肌美人は、ベースメイクに合わせてクレンジングを選んでいます。

 

『えっ? そうなの? ずっとメイク落ち度で選んでた… 』

 

『同じく…ずっと間違って使ってたのか… 』

 

『おっほん。実は、私も知識を得る前は二人と同じ使い方をしていたのよね… でも、今はメイクの状況に合わせてクレンジングを使い分けているのよ。』

 

実は、ベースメイクがナチュラルな場合、洗浄力が強いクレンジングは肌への負担になります!

乾燥を引き起こす原因にもなるから注意が必要なんです。

ナチュラルメイクの人は、弱いタイプのクレンジングを選んだ方が見肌力が高まるんですよ~

 


『以前は、毎日オイルクレンジングを使っていた私も、今ではメイクによって水系のジェルタイプと使い分けているのよ。』

 

使い分けをして感じたのは、肌のしっとり感が変わってきたことです。

この辺りはまた別にお伝えしますね!

 

目元のポイントメイクには専用リムーバーがお勧め

あなたは、アイメイクは結構しっかりする派ですか?

ベースメイクはナチュラル、アイメイクはしっかりメイクの場合、ベースメイクに合わせてクレンジングを選ぶとアイメイクが落ちない… という現実が待っています。

 

  • アイライナーやマスカラが落ちにくい
  • メイクオフしたのにパンダみたいになった

こんな経験はありませんか?

 

『はーい! ありますあります。取れないときはもう一回目元だけクレンジングしてます。』

 


『はい! アウトーーーー!!!』

 

基本的に、ベースメイクとアイメイクは別物と考えましょう。

 

アイメイクを落とすには、

  • 洗浄力の強いオイルクレンジング
  • 専用リムーバー

どちらかを使うのがおすすめです。

 

オイルクレンジングは洗浄力が強すぎて、皮膚の薄い目元に使うのはよくないんじゃないの? と思われがちですが、メイクが落としきれていない方が肌にとっては負担になります。
適量を手に取りさっと広げ素早く洗い流せば問題ありません。

 

目元専用リムーバーを使うときに気をつけること

 

  1. コットンでゴシゴシこすらない
  2. アイメイクと同じメーカーのものを選ぶ

 

この2点は特に気を付けたいポイントです。

アイメイク専用のリムーバーはたくさん出ていますが、基材(原料)との相性を考えて使わないとその力を発揮してくれません。

つい、安いからこれでいいや! と適当に選びがちなあなたは要注意です。

 

例えば、お湯で落ちるタイプのマスカラを使っている場合、お湯で落ちないからといってリムーバーを使うと相性が悪くメイクがうまく落ちないことがあります。

この原因は、マスカラに使われている基材(原料)とリムーバーの相性が悪いことです。

お湯で落ちるマスカラは、適温に反応して落ちるように作られています。

そのため、無駄にリムーバーを使うのではなく、お湯の温度を適温にして落とすのが正解なんです。

メイクが落ちない原因を知らずに、無理にゴシゴシこすると、まぶたやまつ毛を痛める原因になるので注意しましょうね。

 

目元専用リムーバーを選ぶ時は、アイメイクと同じメーカーのものを使うのが一番安心して使用できるのでお勧めです。

 

まとめ

いかがですか?

クレンジングの選び方と使い方について理解が深まりましたか?

おさらいです。

  • クレンジングはベースメイクに合わせて選ぶクレンジングの種類に戻る
  • ベースメイクとアイメイクは別物と考える
  • 目元には専用リムーバーかオイルクレンジングがお勧め
  • 専用リムーバーはアイメイクと同じメーカーを使うと安心

以上が本日お伝えしたことです。

 

あなたのクレンジング選びの参考になれば嬉しいです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 美のセレクトショップ , 2018 All Rights Reserved.